美容を気にする女性がVIOラインの脱毛することは一般的になっていますが、デリケートな部分ですので人に見られるのが恥ずかしいという人もいると思います。
しかし、きちんとアンダーヘアをケアしたいという場合にはハサミで処理をしたりカミソリで剃っているという人もいますが、はさみ・カミソリなど刃物を使って毛を処理すると断面が尖ってしまい、チクチク感などによる不快感やショーツから突き出すことが考えれます。
それを防ぐためには、Vライン・Iラインを処理するときにはヒートカッターでの処理がオススメです。
ヒートカッターは熱で毛を焼き切って処理するムダ毛処理アイテムになります。特にVライン・Iラインに効果的だとされています。
中にはお線香でアンダーヘアを焼き切る人もいますが、お線香では火傷の危険性が伴います。その点、ヒートカッターには熱を発する熱線が肌に触れないようにコームが付いているため肌をガードする設計になってるためヒートカッターなら安全にアンダーヘアを処理することが可能です。
刃物でムダ毛を処理すると毛先が鋭くなってチクチクしますが、ヒートカッターは毛を焼き切るため毛先が丸くなることで処理した後もチクチクしない、毛がショーツから突き出しにくくなるなどのメリットがあります。
しかし、ヒートカッターにもデメリットがあることを理解してから使うことが大切です。
ヒートカッターは肌に近づけすぎるとコームでガードしているとはいえ火傷の危険性があるため短くても1㎝程度は長さを残す必要があるためツルツルにはできない、動物性たんぱく質でできている毛を焼くと独特の匂いすることから、ニオイが苦手な人は必ず換気を行いながら行っていきます。
また、少しずつコームに毛を通しながら処理していくため、毛量によっても異なりますがVライン・Iライン合わせて一時間程度は処理に時間がかかるということが挙げられます。
処理の仕方としては、きちんとヒートカッターの説明書を読んで使い方を理解したら、カットする部分や長さを決めていきます。海やプールなどに行く場合には着用予定の水着を着て、はみ出してしまう部分などを確認します。
確認し終わったら、カットしたい毛先を少量つまんで、熱線の入っているコームの部分を通してカットしていきます。自分では見えにくいIラインを処理するときには、床に鏡を置いてその上にしゃがんで鏡を見て確認しながら処理していきます。