日々の脱毛ケアは美を追究する上でも欠かせない習慣です。

しかし自己脱毛を続けるのも煩わしさがあるので、エステでの脱毛施術を選択して賢く脱毛している人も世の中にはたくさん存在します。

その中でも利用者が多いのがブラジリアンワックス。しかしこの脱毛法は肌トラブルの原因にもなりますので、注意が必要です。

ブラジリアンワックスのデメリット

とにかく痛い

そもそもブラジリアンワックスとは、専用のワックスを脱毛したい部位に塗り、それに布をかませてサッと引き抜くことで付着したムダ毛が払拭できるというものです。

しかしながら、その瞬間、かなりの痛みが生じることは想像に難くないでしょう。

実際にその痛みは涙が出るほどで、場合によっては肌へのダメージが強すぎて内出血が生じる場合もあるほどです。

中には海外セレブが実践しているようなVIO脱毛の一環としてこの施術を選択する人もいるかもしれませんが、ただでさえ刺激に敏感なデリケートゾーンにはさらなる激痛が起こりますし、大切な部分を痛める可能性もありますので、控えたほうが得策です。

毛穴へのダメージが強い

また、毛穴へのダメージが強すぎることでもリスクがあります。

付着した部分が引っ張られるとどうしても毛穴そのものが張力の影響を被ってしまい、毛穴そのものが広がるとそこに細菌などが侵食して炎症を起こしてしまうケースもあるほどです。

施術後にはせっかくムダ毛のない美しい肌を得るつもりが、鳥肌のような醜い状態に陥ってしまうこともあります。

黒ずみとして沈着する

さらにこうやって刺激の大きな施術を受けると、肌に受けたダメージが影響して肌のメラニンが分泌されて黒ずみとして沈着するケースも起こりえます。

こう言った黒ずみはすぐに払拭できる場合もあれば、ずっとそこにしつこく残り続ける場合もありますので要注意です。

そしてダメージを受けた肌は通常よりも厚くなってしまうことが多く、新たに生えてくるムダ毛が皮膚表面から外に出ることができず、埋没毛・埋もれ毛の状態に陥ってしまう可能性も少なくありません。

一時的な脱毛効果しかない

そして最後に挙げておきたいのが、このブラジリアンワックスは一時的な効果しかないということです。

多くの効果的な脱毛施術が、ムダ毛の発毛や育毛を司る毛根組織そのものへダメージを与えるものであるのに対し、ブラジリアンワックスの脱毛効果は実に表面的なものに留まります。

一度の施術によって大部分のムダ毛が除去できたとしても、翌日以降にはまた次のムダ毛が生え変わってしまうので、絶え間なく施術を受け続けなければなりません。

そういった中で肌への刺激が続くとさらなる肌トラブルも生じかねません。

以上のような理由のため、ブラジリアンワックスは極めて注意が必要なのです。