脱毛サロンと脱毛クリニックの違いを知ろう!

脱毛は自己処理で行っている人は多いですが、最近はプロの施術もより安く利用できるようになったこともあり、全身脱毛などもより気軽に行えるようになりました。

こうした施術を行うと自己処理では得られない美しい仕上がり、高い脱毛効果を得ることができます。

そして、プロの施術には大きく分けてエステサロンの施術、そして美容外科などの医療機関で行われている施術があります。

サロンとクリニックとどちらを選ぶか悩んでいる場合はまずはそれぞれの特徴をよく理解しておきましょう。

まず、エステサロンでは光脱毛と呼ばれる方法が行われています。

IPL、SSCなどサロンごとに名前は違いがありますが、光を利用して毛根を処理するという意味では同じです。

そして美容皮膚科や美容外科などのクリニックでは医療レーザー脱毛が行われています。

この施術も基本的にはエステサロンと同じでレーザーを照射することで、毛根を処理していきます。

脱毛サロンとクリニックどっちがいいの?

では、どちらを選ぶのかということとなりますが、費用の面では安いのは脱毛サロンです。出力の低い光が採用されていることもあり、肌への負担も少なく、痛み少なくなっています。

照射は毛周期に合わせて何度か繰り返していきます。

アフターケアもしっかり行われていますので、美肌効果もあり美しい仕上がりが期待できます。

出力が低いこともあり、効果が出るにはやや長い時間がかかること、そして永久脱毛の効果ではないので、数年後にまた毛が生えてくる可能性もあります。

そして、医療レーザー脱毛では費用はエステサロンより高い傾向にあるものの、出力の高いレーザーでの照射が行われていますので、より早く効果を出すことができます。照射はサロンと同じように毛周期に合わせて行うこととなります。

早さならクリニックを選ぶと、サロンよりも早く脱毛を完成させることができます。

出力の高い分、痛みが強く出てしまう傾向にありますが、今はより痛みが弱いマシンも登場していますし、麻酔クリームで対応してもらうこともできます。

肌へのダメージはエステサロンよりやや強くなっています。

脱毛では時には肌トラブルが起きてしまうこともありますが、医療機関ならすぐに手当てを行ってもらえるのも安心感があります。

そして、医療機関の脱毛は永久脱毛の効果が高く、効果を長期に維持することもできます。

エステサロンの脱毛、医療機関の脱毛にはそれぞれメリット、デメリットもありますので、どちらもしっかり理解し、最適な施術を選んでいきましょう。