エステサロンや医療機関で脱毛施術する際に注意したいことは、生理中の施術です。

生理中の施術は避けた方がよいといわれています。特にVIO部位の脱毛は施術が断られることがほとんどです。

他の部位であれば施術が可能なところは多いですが、VIO部位以外の場所も施術が不可能な場合もあるので注意が必要です。

生理中は脱毛できない?

生理中の施術は避けた方がよいといわれる理由は、女性ホルモンの乱れにより、肌の抵抗力が低下するからです。

敏感になってしまった肌は、施術時の痛みを感じやすくなったり、肌荒れなどの肌トラブルに発展しがちだからです。

ひどい場合であると、気分が悪くなってしまう人もいるので注意が必要です。

また、VIO部位に関してはデリケートな部位であることに加え、衛生的な問題も発生します。

経血は除菌シートなどでは殺菌しにくいため、エステサロンや医療機関では病気の感染を防ぐために衛生上脱毛施術を避けるようにしているのです。

ですから、予約をしている日に生理がきてしまいそう、またはきてしまった場合はキャンセルしなければいけない場合があります。

キャンセル料が無料の場合は気にせずキャンセルできますが、当日のキャンセルを行うとキャンセル料が発生する場合があります。

また、キャンセル分も1回の施術回数として計算されてしまうこともあります。

キャンセル料についてのサービス内容を、無料カウンセリングで確認しておきましょう。

良いサロンであれば、キャンセル料の有無などのきちんとしたサービス内容を説明してくれるはずです。

また、生理が定期的にくる人は、予約日を決定しやすいですが、生理不順の人は予約日を想定しにくいです。

生理不順の人は、キャンセル料が無料のサロンを選ぶことがおすすめです。

また、生理中でもVIO部位以外の施術が可能な場合は、キャンセルする必要はありません。

全身脱毛プランの場合は、VIO部位以外なら施術が可能ですが、施術回数が1回分として計算されることもあります。

細かいサービス内容を知っておく必要があります。

生理と脱毛効果の関係について

脱毛の効果がより出やすい時期としては、生理後10~14日ぐらいの間といわれています。

女性ホルモンが安定しているからです。

生理が定期的にくる人は、計算して予約をするとよいです。

生理中は、脱毛施術だけでなく、ムダ毛処理やカラーリング、パーマなども避けた方がよいといわれています。

理由は同じで、肌がとても敏感になっており、抵抗力が落ちているからです。