水着やドレス、背中が開きのワンピースなど着たくても背中の産毛が気になってなかなか着れない方も多いのではないでしょうか。
背中は自分では処理しにくいので諦めてしまったり、自分でカミソリやシェーバー等を使っても剃り残しや切ってしまい逆に恥ずかしい思いをする事もあります。
私も以前背中開きの服を着ようとカミソリで処理をした際に切ってしまい、結局背中が見えない服にした経験があります。絆創膏を貼っても、せっかくのオシャレが台無しになってしまいますからね。
背中は自分では見えない、手が全体にまで届かないので脱毛ワックスや脱毛クリームなども自分一人だと難しいですよね。
だからといって脱毛サロンに行くにはそれなりの金額がかかるので自分でどうにかしたいと言う人も多いと思います。
そんな時に使いたいのが脱毛タオル。脱毛タオルは産毛を絡め取るタオルです。他にも脱毛スポンジ・脱毛たわしがあります。これらは繊維に産毛を絡めて毛穴から抜いたり、摩擦で毛を切ったりするアイテムです。
ただ”脱毛タオル”と言っても全ての毛を脱毛出来るのではなく、除毛になってしまう毛もあります。脱毛と除毛の違いって何?と言う方。脱毛と除毛の違いとは、脱毛は毛を毛根から取り除き、除毛は肌の表面に出ている毛を取り除くという事です。

脱毛タオルの使い方はごく簡単で、毎日のお風呂でタオルで洗う時と同様に普段お使いのボデイーソープなどをつけて優しく洗うようにこするだけです。
脱毛タオルは産毛を取り除くタオルなので背中の毛が濃い方など効果がなかなか得られない方もいらっしゃいますが、強く擦りすぎると肌へのダメージの原因となり色素沈着が起きる可能性もあるので注意が必要です。
色素沈着とは肌を守ろうとメラニン色素が作られて肌が黒ずんでしまうことです。
効果は人それぞれですのでなかなか効果が得られない方も1回で済まそうと思うのではなく、根気よく毎日続ける事が大切です。
また、素材も大切で色素沈着の可能性を低くするには天然素材のものがオススメです。
化繊のものなら天然素材のものよりも安価で、ドラッグストアなどでも手軽に買う事が出来ます。
天然素材のものにしても、化繊のものにしても使用後は保湿を心がけて下さい。

脱毛タオルは毛だけでなく角質ケア効果もあるので背中がツルツルになり、今まで背中を出すことに抵抗があった方もこれで自信を持って背中が開きのワンピースや水着やドレスを着てオシャレを楽しむ事が出来ます。